2019 キャンペーンモデル募集

門真国際映画祭キャンペーンモデル募集のお知らせ

募集要項は下記の通り。

選出人数:1~3名

応募締め切り:5月20日

活動内容:門真国際映画祭のイメージアップを図る為の宣伝活動

選考基準:健康的で爽やかな明るさをもった方。

選考方法:第一次審査:書類選考

     第二次審査:面接・カメラテスト

     (第一次審査通過後に審査日時をお伝えします)

応募資格:下記の規約に同意の上、2019年7月26日~28日に開催される門真国際映画祭にプレゼンターとしてご参加いただける方。キャンペーンモデルとしての業務にご参加いだだける方。


ご応募は、お名前と連絡先を記載の上、写真を添付いただき、こちらのメールアドレスまでお送りください。

規約

ご応募に関しまして、下記の規約をご覧ください。

門真国際映画祭2019キャンペーンモデルオーディション(以下、「本オーディション」という)に関しては、門真国際映画祭のイメージモデルの選考を目的に特定非営利活動法人 門真フィルムコミッション(以下「門真フィルムコミッション」という)がその運営及び管理を行っています。

以下応募規約(以下「本規約」という)について同意の上でご応募の程お願いいたします。

第1条(本オーディションについて)

本規約は、門真フィルムコミッションが運営を行う本オーディションについて定めるものです。

本規約において「応募者」とは、本規約を承認の上、門真フィルムコミッションが指定する方法によりご応募いただいた方をいいます。

本オーディションへの応募に際しては、応募者に一切の費用は発生いたしません。

※但し、本オーディション応募用紙郵送料及び、審査会場までの交通費及び、応募に関するデータ通信費を含む、一切の通信費は自己負担となります。

応募者は自己の責任と十分な判断の上で、本オーディションに応募していただきます。

第2条(応募資格)

2019年7月26日~28日に開催される門真国際映画祭にプレゼンターとしてご参加いただける方。

キャンペーンモデルとしての業務にご参加いだだける方。

本オーディションの応募に際しては、芸能プロダクション等の芸能活動を行う団体(以下「芸能活動団体」という)への所属及び契約等の有無は問いません。

但し、書類審査を通過した応募者のうち、芸能活動団体に所属している方は、所属先の許諾書を提出するものとします。

前項に規定する応募者は、所属先の事務所とのトラブル等が生じた場合は、応募者の責任により解決するものとします。

本オーディションへ応募する未成年者は、親権者の許諾書を提出していただきます。

第3条(応募内容の変更について)

応募者は、連絡先、電子メールアドレス、その他、門真フィルムコミッションに届け出た内容に変更が生じた場合は、速やかにその変更を届け出るものとします。

第4条(応募者資格の取り消し)

応募者が以下の項目に該当する場合、応募者に事前に予告することなく、当該応募資格を取り消させていただきます。

・門真フィルムコミッションへの申告、届出内容に虚偽があった場合。

・故意過失のいかんにかかわらず、本オーディションや映画祭の運営を妨害した場合。

・本規約あるいは追加規定等に違反した場合。

・その他門真フィルムコミッションが応募者として不適切と判断した場合。

第5条(通知及び同意)

門真フィルムコミッションから応募者への通知は、本規約に別段の定めのある場合を除き、応募者の提出した応募書類に記載された電話番号への連絡あるいはメールアドレスへの連絡により行うものとします。

応募者は、門真フィルムコミッションより合格通知を受けた場合は、合格通知を受けた日から2日以内に、辞退・異議等の申し出がなかった場合、本オーデションに同意したものと定めます。

第6条(著作権、権利の帰属)

応募書類及び本オーディション中に撮影された写真・映像に関する応募者の一切の権利は、門真フィルムコミッションまたは門真フィルムコミッションが使用を認めた者に帰属するものとします。

第7条(個人情報の利用)

門真フィルムコミッションは応募者の個人情報を別途定める「個人情報の取扱いについて」に基づき利用するものとします。

第8条(禁止事項)

応募者は本オーディションへの参加にあたって、以下の行為を行ってはならないものと定めます。

・第三者のプライバシーや著作権またはその他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。

・他の応募者、第三者を誹謗中傷する行為。

・公序良俗に反する行為。

・本オーディションの運営を妨げる行為、誹謗・中傷する行為。

第9条(中断、中止)

・門真フィルムコミッションは以下の項目に該当する場合、本オーディションの全部または一部の運営を中断・中止できるものとします。

・天災地変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれにより、本オーディションの運営が通常どおりできなくなった場合。

・その他、門真フィルムコミッションが本オーディションの運営上、中断・中止が必要と判断した場合。

第10条(発効日)

本規約は、2019年3月19日より発効します。

第11条(免責事項)

門真フィルムコミッションは、本オーディションの遅滞、変更、中断、中止、もしくは廃止に関連して発生した損害について、また予見の有無にかかわらず特別の事情から生じた損害、逸失利益の一切の責を負わないものとします。